2017年2月28日のユアタイムで特集された【パラレルキャリア】が話題になっています。

ゲストはクリープハイプのボーカル・尾崎世界観。
クリープハイプとして活動しながら、作家としての一面も持っているんです。

尾崎世界観さんの小説は、自分の本名をタイトルに据えた半自伝小説『祐介』(文藝春秋)です。

あの芥川賞作家のピース又吉さんも絶賛する内容なので、かなりの小説だと思われます。
パラレルキャリアとはこういった、本業とは別ジャンルの仕事をしていることのようですが、副業や兼業、ダブルワークとはちょっと意味合いが違うようです。
そこで今回は、パラレルキャリアとは、パラレルキャリアの効率的な使い方などをまとめてみました。

20代・30代で現在の仕事に悩みや今後についての不安がある方は、ぜひパラレルキャリアを使ってもらうといいかもしれません。
<h3>パラレルキャリアとは?</h3>

<div class=”m60-b”>パラレルキャリアとは、もしドラこともし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら、で有名なピーター・ドラッカーが自信の著書『明日を支配するもの』等にて提唱している生き方のことです。

どんな意味かというと、<span class=”black b”>本業以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加すること</span>です。</div>

「本業以外の仕事」というと、「副業と同じじゃないの?」と思われがちですが、どうやら違うようです。

<h3>パラレルキャリアと副業は何が違うの?</h3>

<div class=”m60-b”>副業は「給料が少ないから」「生活が苦しいから」といった理由で行う仕事、というケースが多いですよね。

しかし、パラレルキャリアは「自分自身のスキルアップのため」「新しい人脈を作るため」といったように、お金が第一の目的ではなく、ポジティブな目的で行う仕事や活動といった感じですね。</div>

ユアタイムにゲストで登場した尾崎世界観さんも、作家として活動することで、新たなファンの獲得、作家として文章能力がアップすることで歌詞のスキルアップといったポジティブな側面があります。

パラレルキャリアを行うことで、本業のバンドや作詞にレバレッジがかかり、相乗効果が出ていますよね!
<h3>まとめ</h3>

いかがでしたが?

今回はパラレルキャリアについてまとめてみました。

<div class=”m60-b”>20代・30代は給料も低くお金の不安や悩みがあって、自身のスキルアップなどを考える余裕がない人が多いですよね。

そういった人が多いからこそ、20代・30代のうちに少しでもお金や将来のことについて考えていくことで、将来お金の不安や悩みから抜け出すことができるではないでしょうか。

現在は、東証一部上場企業でも残業代をカットして、社員が副業をすることを認めている企業が数多くあります。世の中の流れとして、幾つも収入源がないと、厳しくなってくると考えられます。

ぜひこの機会に、将来のお金のことについて考えてみてくださいね。

私が副業で1時間で40万円稼いだ裏ワザを無料メルマガで限定公開しています。

↓↓↓画像をクリックすると登録フォームに移動します。↓↓↓