今回はGoogleスプレッドシートの共有方法についてご紹介します。

ブログの記事作成やYOUTUBEの動画作成などの作業を外注に依頼するとき、一人一人にキーワードやネタを送ってやりとりするのは大変ですよね。

そんなときにGoogleスプレッドシートの共有方法を使うと大幅に手間が省けます。 

作業効率を上げることも、稼ぎを伸ばすのに必須項目なので、ぜひGoogleスプレッドシートを外注と共有して作業効率をアップさせてくださいね。

Googleスプレッドシートの作り方

限られた複数人で参照するGoogleスプレッドシートをフォルダで共有する


まずGoogleドライブにアクセスし、ログインします。

新規のボタンをクリックして「Googleスプレッドシート」をクリックします。

スプレッドシート名を入力したら、後はエクセルのような表計算ソフトと使い方は同じです。

スプレッドシートの共有方法

スプレッドシートの新規作成と外注さんに見てもらいたい内容(キーワードなど)が入力し終わったら、次は外注さんに見てもらうために共有設定を行います。

「共有設定」と聞くと難しそうですが、簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

まず「Googleスプレッドシート」の右上にある『共有』をクリックします。

するとこのような画面が表示されるので、「名前かメールアドレスを入力…」のところに共有する相手の名前かメールアドレスを入力し、「完了」をクリックするだけでOKです。

赤丸で囲んだペンの部分をクリックすると、
『編集者』『コメント可』『閲覧者』
と、共有した相手ができる作業権限を選んで共有することができます。

ちなみに私がアフィリエイトで使うときは『編集者』を選んでいます。

後ほど説明しますが、キーワードの部分だけ外注さんが編集不可にしておいて、選択したキーワードで記事を書いたら「作成した外注さんの名前」と「日付」だけ入力できるようにしています。

またここで作業権限を間違えても、後で修正することもできますよ。
その場合は、「共有」⇒「詳細設定」で修正できます。

Googleアカウントを持っていない相手も共有できるの?

できます!

方法も簡単で、
「名前かメールアドレスを入力…」のところに相手のメールアドレス(Gメール以外でもOK)を入力して「完了」をクリックすれば共有することができます。

外注側のGoogleスプレッドシートの共有方法は?

こちらも非常に簡単です。

招待メールの本文に表示されているURLをクリックするだけ。
グーグルアカウントがある場合は、Gメールに招待メールが届きます。

グーグルアカウントがない場合は、登録したメールアドレスに招待メールが届きます。

管理者が外注さんに説明する場合には、「招待メールが届くので本文のURLをクリックしてください」と伝えれば大丈夫でしょう。

まとめ

いかがでしたか。

Googleスプレッドシートの共有というと、アフィリエイト作業の中でもかなりハードルが高いイメージがあったかと思いますが、意外と簡単ですよね。

外注さんを雇うことに慣れたら、ぜひGoogleスプレッドシートを使って、外注さんの管理作業を効率よくしてみてください。

外注さんの管理の効率がよくなると、きっと報酬もアップしてきますよ!

私が副業で1時間で40万円稼いだ裏ワザを無料メルマガで限定公開しています。

↓↓↓画像をクリックすると登録フォームに移動します。↓↓↓