情報発信で重要な「リスト取り」いろいろな方法がありますが、noteでリスト取りをしている人はまだ少ないのではないでしょうか?

そこで今回はnoteでリスト取りをしてみた結果と無料レポートとの比較をお伝えしていきます。

今回アップしたnote

まず、今回アップしたnoteです。

こちらは、無料レポートとして作ったものだったのですが、メルぞう・Xamともに不合格でした。無料レポートって、承認されなかった場合、不承認の理由が明らかにならないので、けっこう修正が難しかったりします。

このレポートも3回ほど修正したもののダメでした。

そこで、「無料レポートは通らなくても、noteならどうなんだろう?」ということでアップしたら特に審査も無くアップできました。

アフィリリンクはOK?

アフィリエイターなら気になるアフィリリンクですが、今回はメルマガの紹介URL入れただけで、アフィリリンクは張り忘れてしまいました(><) noteの利用規約を見ても、「アフィリエイト禁止」といった内容は見当たらなかったので、アフィリリンク張るのはOKではないでしょうか。
ただし、noteではHTMLタグを張ることができないので、バナーリンクなどは掲載できないのでご注意を。

noteでリストは取れる?

1月18日にnoteに投稿して、現在(1月22日)で今のところリストは0件です(汗)

ただ、ツイッターやフェイスブックのいいねのような「スキ」は4つもらえています。4つは全然少ないのでしょうし、スキをつけたユーザーもネットビジネス系の人ばかりなので、フォローして欲しいのが目的なんでしょう。

とりあえず、もう少し放置してどうなるかみてみます。

無料レポートと比較

noteもまだ1件しか投稿していませんが、とりあえず無料レポートと比較して感じたことを挙げてきます。

noteのメリット

・審査がない

・アフィリリンクOK

・検索SEOからも流入がある

やはり「審査がない」というのは、とてもありがたいです。また、アフィリリンクもOKなので、ワードプレスやサイトアフィリと同じ感覚で使えるようになるかもしれません。

あとは、noteはSEOでも上位表示しやすい、といった利点もあります。これについては、まだ調査中でもありますが、アフィリで稼いでいる人の話だと、noteは上位表示しやすいから上手く活用している、と話していました。

無料レポートのメリット

・協賛ポイントで多くの人に見てもらえる

・レポートを読んでもらえると、必ずリストがとれる

無料レポートは、自分のレポートをダウンロードしてもらえれば、必ず1件リストが取れる、のが大きいですね。また、人気のある無料レポートになると、メルぞうなどのTOPページに掲載されるので、多くのリスト取りが期待できます。

noteのリスト取りまとめ

今回はnoteでリスト取りができるかどうかについてお伝えしてきました。

正直、まだ1件もリストは取れていないのでなんとも言えませんが、noteはこれから大きく伸びていくんじゃないかと期待しています。

まだまだ、noteをやっている人は少ないので、アフィリエイターなら早めに参入しておいた方がいいかもしれませんね!

約20万円相当の特典プレゼント!

上記のような悩みをお持ちではありませんか?

私も少し前までは同じような悩みを持っていましたが、「ある市場が右肩上がりに急成長を続けている」という事実を知り、上記の悩みを全て解決することができました。

その市場とは、あの
「日経新聞」と「電通」も認めている、今後間違いなく発展する市場と言われています。

詳しく知りたい方は、【無料メール講座】でお伝えしています。

>>無料メール講座はコチラ

登録して頂いた方には”先着順”で約20万円相当の特典をプレゼントしているので、この機会にぜひGETして下さいね!

>>無料メル講座に参加して20万円相当の特典をGETする!